★コンドームの起源★
通販で簡単に買える!1500円以上で送料無料です
DMM.ADULT モバイル



コンドームの起源です。
これであなたもコンドーム通?

1564年
イタリアの解剖学者ファロピウスが性病予防の目的でリネン鞘(sheath)を使用しました。

1671年
牛の腸膜を製紀元前3000年頃
動物(ヤギ、ブタ)の盲腸、膀胱が使用されていたようです。しかし、現在の避妊具や性病予防具としてではなく、熱帯病や昆虫の咬刺から陰茎を守る保護具やセックス時の小道具、身分・地位のしるしとして用いられていたようです。
鞘して使用されていました。

1689年
イギリスの産婦人科医コントンが、魚の浮き袋を使用していたようです。

1844年(江戸時代)
米国のグッドイヤーや英国のバンコックがゴム技術を発達させたことで、ゴム製コンドームの原型が出来たようです。
この頃江戸時代である日本では、性具として鼈甲や水牛の角、革製の甲型などが使用されていました。

1874年(明治7年)
避妊具、性病予防具としての本格的なコンドームが出現しました。

1909年(明治42年)
溶剤に溶かしたゴムを成形し、国産コンドームの第1号が出現しました。この頃はまだ遊興が目的であり、品質的には大変おそまつなものであったようです。
その後「敷島サック」等が次々と売り出されました。

1934年(昭和9年)
現在のコンドームの基礎となるラテックス製コンドームが誕生しました。
この頃は主に性病予防具として用いられていました。

1950年頃(昭和25年頃)
1948年に公布された※優生保護法により、受胎調整運動が推進され、避妊具としての需要が高まりました

1979年(昭和54年)
世界で初めてエイズウィルスが発見されました。

1981年(昭和56年)
日本人のエイズ患者第1号が報告されました。

1986年(昭和61年)
唯一のAIDS予防具として、コンドームの世界的需要が高まりました。

1996年(平成8年)
コンドームにおいてもJIS(日本工業規格)とISO(国際標準化機構)とを整合させる要求が起こりました。



★オススメ商品
小さめ、スリムサイズ
大きめサイズ
早漏でお悩みの方
売れ筋商品
お買い得商品


HOME

(C)condom3.com